下ごしらえいらず!安心素材の離乳食

国産野菜で作った
なめらかキューブ

写真

原料は野菜と水のみ。レンチンだけで赤ちゃん喜ぶ、なめらかペーストが完成。

国産野菜と水のみでつくったペーストを10gずつキューブ状に冷凍。月齢に合わせて量の調整ができ、電子レンジにかけるだけで使えます。家庭ではなめらかにするのが難しいほうれん草などの葉茎菜類を1品目以上入れる、甘みととろみが出る野菜をミックスするなど、子育て中の組合員さんや栄養士の意見を参考に、使い勝手のいい組み合わせにしました。

簡単!ちょこっとアレンジレシピ

ほうれん草の豆乳ポテト

対象月齢の目安:5カ月頃から

写真

ほうれん草の豆乳ポテト

対象月齢の目安:5カ月頃から

【材料】

  • ・ 国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草 1個
  • ・ じゃがいも 20g
  • ・ 豆乳 大さじ1

【つくり方】

  • 1. じゃがいもは皮をむきやわらかくゆで、熱いうちにすりつぶす。
  • 2. [1]に豆乳を加えてなめらかにのばす。
  • 3. 器に盛り、加熱した本品をのせる。

組合員さんの声をご紹介!

水気も繊維もなく、とてもなめらか。量も使いやすい!

自分でほうれん草をゆでてミキサーにかけて冷凍していましたが、水っぽかったり、繊維が残ったり…。でも、この商品は水気も繊維もなく、とてもなめらか。量も使いやすく、毎日気軽に離乳食に使っています。すりつぶしたシラスと、このキューブを混ぜたおかゆが10ヶ月の子どものお気に入りです!

CO・OP九州産小麦使用
やわらかいミニうどん

写真

くたくたに煮込んで刻む手間いらず。離乳食初期から完了期まで長く使える。

九州産小麦と水のみでつくった細めの麺を、通常の倍くらいの時間をかけ、ゆでてから冷凍。塩を加えていないため湯通しの必要がなく、電子レンジで2分加熱するだけで、箸で簡単に切れるやわらかさになります。「すりつぶす」「カットする」「そのまま」など、子どもの成長に合わせてアレンジできるよう、あえて短くカットしていません。

簡単!ちょこっとアレンジレシピ

かぼちゃうどん

対象月齢の目安:7カ月頃から

写真

かぼちゃうどん

対象月齢の目安:7カ月頃から

【材料】

  • ・ やわらかいミニうどん 1/2玉(みじん切り)
  • ・ かぼちゃ 10g
  • ・ だし汁 40ml

【つくり方】

  • 1. かぼちゃは皮をむき、ラップに包んで電子レンジ600wで約1分加熱しつぶす。
    ※加熱ムラにご注意ください。
  • 2. 耐熱容器に電子レンジ(もしくはゆでて)加熱しみじん切りにした本品、[1]、だし汁を入れ電子レンジ600wで約1分加熱する。

組合員さんの声をご紹介!

野菜やかつお節、豆腐と一緒にレンチンうどん。

煮込んだり、ハサミで切ったりする手間がなく、1歳3ヶ月でバクバク食べる子どもに、手軽におうどんをあげれるようになりました。ミニトマトとかつお節を加えた「トマトうどん」、冷凍かぼちゃと豆腐を加えた「カボチャうどん」が気に入っているようです。レンチンで解凍と同時に調理できるので、とても助かっています。当分お世話になります。

CO・OP3種の国産野菜と
しらすのおかゆ

写真

8倍かゆの次は、5倍かゆにステップアップ。
彩り豊か、栄養バランスもグッド!

粒感や量など、意外と迷うことの多いおかゆづくり。そこで頼りになるのが、月齢に合わせたやわらかさと量が選べる冷凍おかゆ2種。国産米、国産にんじん・ほうれん草・たまねぎ、国産しらすをかつおだしで炊いたこちらの5倍かゆは、食べられる食材が増え、栄養バランスも気になる8カ月頃から使えます。1個30gで量の調整がしやすいのもポイント。

簡単!ちょこっとアレンジレシピ

ササミ入りかゆ

対象月齢の目安:8カ月頃から

写真

ササミ入りかゆ

対象月齢の目安:8カ月頃から

【材料】

  • ・ 3種の国産野菜としらすのおかゆ 2個
  • ・ ささみ 5g
  • ・ お湯 小さじ2

【つくり方】

  • 1. ささみはゆでて細かくほぐす。
  • 2. 電子レンジ600wで約1分20秒加熱した本品、ささみ、お湯を混ぜる。

組合員さんの声をご紹介!

手づくりのようなやさしい味。息子もパクパクおいしそう!

市販のベビーフードはあまり好きでない8ヶ月の息子が、こちらはパクパクおいしそうに食べてくれました。味つけがやさしく手づくりに近いからかなと思います。私も味見してみましたが、素材の味がきちんと出ていておいしかったです。

乳幼児向け商品への配慮

子育て世帯を応援する「きらきらステップ」のこだわりポイント

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • POINT 1

    生産ロット毎に、アレルゲン検査を実施

    商品は全て、生産ロット毎に、アレルゲン(特定原材料)検査を行い、問題のないことを確認します。

  • POINT 2

    放射性物質検査を強化

    乳幼児の利用する頻度の高い商品は年4回実施します。

    ※年間生産回数が4回未満の場合は除く

  • POINT 3

    商品リスクの評価を実施・管理

    その他の衛生管理項目についても、微生物、重金属、残留農薬、動物用医薬品、かび毒などに「乳幼児食品管理目安(衛生関係項目)」を定めています。

資料請求やご加入・おためしセットの
お申し込みはこちら

お電話でのお問い合わせは
こちらから

TEL0120-043-502

受付時間 9:00~20:00

(20時以降は自動音声ダイヤルで承ります)

↑