こだわりの産直商品

獲れたての品質で食卓へ

レタス

シャキシャキッ!食感の秘密は早さと温度

レタスは温度変化に弱い野菜。コープデリでは独自の物流ルートを持ち、収穫から組合員さんにお届けするまでの間の温度管理を徹底しています。

午前1時~

温度差によるダメージを避けるため、お届け前日の深夜から早朝にかけて収穫。

午前6時~

収穫後は集荷場へ。鮮度を保つため芯温を一気に5℃にします。

午後1時~

産地から集荷センターに届いたら、痛みや病気などを人の目で一つずつチェック。

午後5時~

組合員さんにお届けするBOXへセット。保冷剤を入れて、お届けまでしっかり品質管理。

レタス生産者 JA川上そ菜販売 林博康さん

林さんのレタス畑は長野県の高地・川上村にあり、愛情を込め日々レタスづくりにはげんでいます。

  • ※JA川上そ菜販売は、コープデリの産直産地のひとつです
 
トキの野生復帰を目指して育てた

新潟佐渡コシヒカリ

産地が健康!おいしいお米。

産地である佐渡では、トキやさまざまな生きものが暮らせるよう、化学肥料や農薬を減らしたやさしい米づくりをしています。トキのエサ場である田んぼには、カエルやドジョウ、とんぼなどの生きものが住んでおり、これらが田んぼの害虫を食べてくれるという、うれしいサイクルも。
人間と生きものが共に協力し、環境にやさしいお米をつくっています。

新潟佐渡コシヒカリ

夏は涼しく冬は暖かい佐渡。じっくり成熟したお米は、ほどよい粘りがあり、口いっぱいに旨みが広がります。

新潟佐渡コシヒカリの焼おにぎり

3種類のしょうゆをブレンドした、コクのあるタレを使い直火焼きに。お米のおいしさが、じんわり広がります。

 
飼料も国産米!

産直お米育ち豚

お米で育てたら、脂身が甘い豚肉ができました。

豚肉はちょっと苦手という方にも「独特の臭みがない」と評判の「お米育ち豚」。
国産のお米を食べて育った豚肉は、きめが細かく、かむとじわっと甘みがあり、バラ凍結による使い勝手のよさも定評があります。

日本の田んぼを応援する「お米育ち豚プロジェクト」

田んぼで豚に食べさせるお米(飼料米)を作り、そのお米で育てた産直豚肉を組合員さんへお届けする、生産者とコープが共同で行っている「お米育ち豚プロジェクト」。国内で収穫したお米で豚の飼育をすることで自給率を上げ、飼料米を作ることで田んぼを未来へと繋げます。

ウイークリーコープのお届けエリア

地域によって宅配料金や割引が異なりますので、詳しくは各エリアの詳細をご確認ください。

資料請求やご加入・お試しセットのお申し込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

0120-043-502

受付時間 9:00~20:00(20時以降は自動音声ダイヤルで承ります)